日本ジェネリック医薬品学会 お問合せ
日本ジェネリック医薬品学会について学術大会推奨マーク学会誌入会案内ジェネリック関連リンク集
 
 

























厚生労働省共催 第17回ジェネリック医薬品セミナー
厚生労働省共催 第16回ジェネリック医薬品セミナー
厚生労働省共催 第15回ジェネリック医薬品セミナー
厚生労働省共催 第14回ジェネリック医薬品セミナー
厚生労働省共催 第13回ジェネリック医薬品セミナー
厚生労働省共催 第12回ジェネリック医薬品セミナー
厚生労働省共催 第11回ジェネリック医薬品セミナー
厚生労働省共催 第10回ジェネリック医薬品安心使用促進セミナー
厚生労働省共催 第9回ジェネリック医薬品安心使用促進セミナー
厚生労働省共催 第8回ジェネリック医薬品安心使用促進セミナー
厚生労働省共催 第7回ジェネリック医薬品安心使用促進セミナー
厚生労働省共催 第6回ジェネリック医薬品安心使用促進セミナー
厚生労働省共催 第5回ジェネリック医薬品安心使用促進セミナー
厚生労働省共催 第4回ジェネリック医薬品安心使用促進セミナー
厚生労働省共催 第3回ジェネリック医薬品安心使用促進セミナー
厚生労働省共催 第2回ジェネリック医薬品安心使用促進セミナー
厚生労働省共催 第1回ジェネリック医薬品安心使用促進セミナー

第1回日米ジェネリック医薬品シンポジウム













 日本ジェネリック医薬品・バイオシミラー学会の活動趣旨 2017年4月

 患者の高負担,国民医療費の高騰,病院における包括支払制度の拡大など,時代の変化の中で,価格の安価なジェネリック医薬品やバイオシミラーの役割がますます重要となっています.現在欧米ではジェネリック医薬品の品目ベースでのシェア(特許が切れてジェネリック医薬品のある医薬品に占めるジェネリック医薬品のシェア)は60%〜90%にも達しています。しかしながら日本ではまだジェネリック医薬品市場は60%程度にとどまっています。

 わが国でジェネリック医薬品やバイオシミラーが伸び悩んでいる理由は,欧米との制度的な違いもありますが,ジェネリック医薬品やバイオシミラーの情報の少なさからくる品質に対する漠然とした不安,品切れなどの供給不安があげられます。

 この時期に大切なことは,まず医師,薬剤師,患者がジェネリック医薬品とバイオシミラーのことを正しく知ること,そして医薬品メーカーもその品質や安全性の情報提供体制,供給体制について万全の体制でのぞむことでしょう。

 一方,いつの時代にも画期的な新薬は必要とされています。とくに最近では抗体医薬などのバイオ医薬品の躍進がめざましいです。しかしこうした新薬も年月を経て,特許が切れれば,その有効成分は開発メーカーばかりのものではなく,社会全体の共有の財産となります。こうして生まれてくるジェネリック医薬品やバイオシミラーの正しい理解とその普及をはかるために,弊会は,現場の医師,薬剤師を中心として設立されました。弊会は,当初2003年9月より日本ジェネリック研究会としてスタートし,2007年より日本ジェネリック医薬品学会に移行しました。そして2017年4月より学会名を日本ジェネリック医薬品・バイオシミラー学会へ改めました。

 現在,弊会は年1回の学術大会,学会誌「ジェネリック研究」の発刊,Web 上での「ジェネリック医薬品情報検索システム(GIS)」,「かんじゃさんのくすり箱」などの情報提供活動,ジェネリック医薬品を積極的に推奨する保険薬局に配布する「ジェネリック推奨マーク」の発行,各種セミナー活動,バイオシミラー分科会,品質評価委員会,制度委員会,流通委員会,国際委員会などの各種委員会活動を通じて,ジェネリック医薬品とバイオシミラーの理解と普及に努めています。

 こうした学会の趣旨をご理解の上,ぜひ日本ジェネリック医薬品・バイオシミラー学会にご参加の程お願い申し上げます。
日本ジェネリック医薬品・バイオシミラー学会代表理事
武藤 正樹
   
 Significance of Activity of“Japanese Society of Generic and Biosimilar Medicines”
Apr 2017

 Generic medicines and biosimilars have been playing an important role to keep up with present pace of change of era. Indeed, generic medicines and biosimilars, which are inexpensive in price, allow us to reduce both of individual and national medical expenditures and also contribute to effective hospital management under a prospective payment system which has been widely adopted. However, the market share of generic medicines is remaining still only around 60% in Japan. Whereas, it is from 60% to 90% based on the number of units sold in the US and EU.

 What is the cause for such a low percentage, in Japan? There are naturally some differences among the health care systems of countries. Moreover, there is not enough information available regarding generic medicines and biosimilars. This lack of information tends to bring a vague uncertainty in the quality and supply of generic medicines and biosimilars.

 Including physicians, pharmacists and patients, we all should acquire an adequate knowledge of generic medicines. That must be the most important task in future. Consequently, the companies will thoroughly prepare for information provision to ensure their quality and safety as well as keep the constant and adequate supply.

 It is obvious that the innovative new medicines are always required and demanded. Most recently, biosimilars appear to have been successful and monoclonal antibody-based products are become the major class. Needless to say, the generic versions will become available after patent expiration. To accelerate the growth and spread of knowledge about generic medicines including these biosimilars, our institution was established in September, 2003. The members were mainly physicians and pharmacists at that time. And it was renamed Japan Society of Generic Medicines in 2007. In April 2017, we have renamed again as Japanese Society of Generic and Biosimilar Medicines.

 Currently, Japan Society of Generic Medicines runs annual meeting once a year and publishes regular academic journal “Japanese Journal of Generic Medicines.” As information provision activities, “Generic Information System(GIS) ” and “A Medicine Chest for Patients” are provided through the website. “Generic Medicines Awareness Stickers” are also distributed in order to encourage hospitals, clinics, or pharmacies in a more proactive use of generic medicines. Furthermore, we have been engaged in other initiatives to promote understanding and awareness of generic medicines by setting up four committees; “Quality Evaluation Committee”, “Policy Advisory Committee”, “Distribution Monitoring Committee” and “International Study Committee”.

 All potential medical personnel including interested individuals and organizations are highly and respectfully encouraged to join our Japanese Society of Generic and Biosimilar Medicines to achieve the goal stated above.
 
Masaki Muto, M.D., Ph.D.,
President of Japanese Society of Generic and Biosimilar Medicines



日本ジェネリック医薬品・バイオシミラー学会(旧研究会)をとりあげた新聞・雑誌の記事はこちらからご覧になれます。
 
日本ジェネリック医薬品・バイオシミラー学会 東京事務局
〒105-6237 東京都港区愛宕2丁目5番1号 愛宕グリーンヒルズMORIタワー37階(税理士法人AKJパートナーズ内)
TEL:03-3438-1073 FAX:03-3438-1013 (担当:小森)
メール:info@ge-academy.org
 
当事務局には医師・薬剤師などの専門家は常駐しておりませんので、ご病状や治療に関するご質問・ご相談には対応いたしかねます。